依頼する業者の選び方

トイレのつまりが起きた時に、専門の業者を選ぶ時にはいくつか気を付けなければいけません。どこでもいいからと決めてしまうと、工事が適当ですぐにまた問題が起きてしまったり、料金が非常に高く大きな出費になってしまうなど、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。どういったポイントに気を付けて依頼する業者を選べばいいのかを知っておき、そのポイントに注意して信頼できる業者にトイレの修理依頼をできるようにしておきましょう。

まず最初に注目しておきたいのが、なるべく地元の業者を選ぶという事です。有名な業者の方が良いと考えがちですが、地元の業者の方が料金的に安い場合が多く、さらに地元特有の情報なども多く持っているため、より的確な対応をしてもらえる事が期待できます。

もちろん有名な業者には協力会社の数や機動力などのメリットがありますが、どうしても全国規模で展開しているため地元に密着した対応をしてもらうのは難しくなってしまいます。どの業者を選ぶのか迷った時には、地元の業者を優先して選んでみると良いでしょう。

また、相談をした時点できちんと見積もりを出してくれるかどうかというのも重要です。見積もりを後回しにする業者の場合、適当な理由をつけて料金を高くしたりする悪徳業者である危険もありますから、事前にどのくらいの料金になるのかという見積もりをきちんと出してくれるかどうかは重要なポイントとなります。工事の説明なども丁寧にしてくれる業者ならば信頼して任せられますから、事前にどこまで説明をしたり、見積もりをしっかりとしてくれるかを確認しておきましょう。

Pocket

依頼する時の手順とは

トイレのつまりを解消するために一番良い方法は業者に連絡をして修理の依頼をする事ですが、トイレのつまりで業者に相談する機会はあまり多くありませんから、どのように依頼すればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。業者に修理の依頼をする場合の手順を知っておけば必要な情報を事前に整理する事もでき、スムーズな手続きをする事ができるようになりますから、トイレのつまりを素早く解決する事ができるでしょう。

まず業者に相談をする際には電話などで依頼をしなくてはいけません。この際にどういった状態なのかをきちんと把握して伝えるようにすると、実際に業者が修理に来てくれた際に素早く修理してもらいやすくなります。原因などについてですが、異物を流してしまった場合はきちんと伝えるようにすると良いです。

もし原因がわからない場合はわからないときちんと伝え、その上で修理などの相談をするようにしましょう。見積もりなどについてはトイレの状態によって多少変わりますが、最初にどのくらいかかるのかを聞いておくと後になって料金トラブルが起きにくくなります。

そして見積もりが終わればいつ来てもらうかを決める事になります。多くの場合は依頼してすぐに来てもらえますが、業者側の予定によっては翌日などになってしまう事もありますので、きちんと確認しておきましょう。

Pocket

原因は何かを把握する

トイレのつまりの原因としてまず考えられるのが、トイレットペーパー以外の紙類や異物を流してしまった場合です。子供のオムツや生理用品などをあまり大きくないからと流してしまったり、ティッシュペーパーなどトイレットペーパー以外の紙類を、同じ紙だからと流してしまった場合、トイレのつまりの原因となってしまいます。

特にトイレットペーパー以外の紙類を流すというのは意外とやってしまいがちな事ですが、ティッシュなどの紙は水に溶けにくく作られているため、流してしまうと排水管に詰まってしまいやすく、トイレのつまりの原因となってしまうので注意が必要です。

また、トイレットペーパーを流した場合でも、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうとトイレのつまりの原因となってしまいます。トイレットペーパーは水に溶けやすく作られていますが、例えば塊にして流してしまうとどうしても溶けるまでに時間がかかってしまいますから、排水管を流れずにそのまま詰まってしまう場合があります。もしトイレがつまっていた場合、まずはこれらの原因があったかどうかを判断しましょう。特に異物を流してしまった場合は業者でないと対処できないので、原因の特定は重要です。

これ以外の原因としては便器以外に問題がある場合で、排水マスの状態を確認しておくと良いでしょう。特に何も流していないのにいトイレがつまるという場合、排水マスなど便器以外の場所が原因と考えられますから、自分では対処する事が難しいので業者を頼らなくてはいけません。

Pocket

トイレのつまりの解消

トイレは日常生活を過ごすうえでなくてはならないものですが、ちょっとした原因で詰まってしまう事も少なくありません。トイレのつまりを早めに解消しないと快適な生活を過ごす事ができませんし、衛生面でもさまざまな不安が出てきてしまいます。

ですからトイレのつまりなどトイレに関する問題が起きてしまった時には、その原因などを素早く判断して対処していかなくてはいけませんが、トイレのつまりは下水管など専門的な部分に関係している事も多いため、素人では対処できなかったり原因の把握が難しいという事も多くあります。そういった時に対処していくためにも、トイレがつまってしまった時には専門の業者へ相談してみましょう。

トイレのつまりの解消は自分で対処できる場合もありますが、多くはきちんと業者に頼まないと解決できない事が原因となっている場合もあります。ですから自分で解決できるものなのかどうかを判断するためにも、トイレのつまりの原因がどういったものなのかを知っておくと便利でしょう。トイレのつまりの原因はいくつかありますし、それぞれ自分で対処できるのか、業者に依頼しなくてはいけないのかまで合わせて知っておけばいざという時にすぐ判断する事ができますから、つまりの解消までの時間も短くなります。

トイレがつまってしまった時には、まずどのような原因があるのか、業者との手続きはどういった手順になるのか、業者はどこを選べば良いのかなどを知っておくと良いでしょう。これらの知識があればスムーズな手続き、トイレのつまりの素早い解消などが期待できますので、普段の生活を不便にしてしまうトイレのつまりを素早く解消するためにも、これらの知識を覚えておいて損はありません。

参考HP≪【トイレつまりの予防方法と万が一の際の対策方法】 – 水トラブル専門ポータル【水漏れカイケツくん】

Pocket